【まだ証明写真機使ってるの?】スマホ×コンビニで1枚あたり10円で証明写真をプリントする方法

就職活動・転職活動やアルバイト、TOEICを始めとした各種検定などで度々必要になる証明写真。

必要になる度に駅前やスーパーの横に設置されている証明写真機で1回あたり700円〜800円かけて撮影してきた人も少なくないはず。

 

今回はどうしたらこの高い照明写真機を使わずに、安く証明写真を入手できるかについて検証した結果をご紹介します。

 

素材となる写真を用意する

個人的には後々使いまわすことができる写真データがもらえるフォトスタジオ等で撮ってもらうことをお勧めします。

僕の場合は自宅近くにあるカメラのキタムラで就活用証明写真を撮ってもらい、CD-Rに写真データを入れてもらう形で素材写真を用意しました。

どうせ焼き増しでかかる費用を節約することができるので、初めだけプロにいい写真を撮ってもらう方が結果的に安く済みます。

 

スマホの自撮りや手持ちのデジカメでも1枚あたり10円プリントは可能ですが、元データが綺麗な方が後で有効活用し易いので初期投資と思って撮ってもらいましょう。

 

「照明写真」用のスマホアプリをダウンロード

僕が試したのはこちら。

美肌証明写真〜美肌加工でキレイな証明写真を作成!
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料

App Storeからアプリをダウンロードしたら、証明写真に使う写真を読み込んで位置を調整します。

お試しなので真女神転生リベレーションのメガキンさんを使ってみます。

 

ついでに肌を綺麗にするといった加工がしたければお好みでどうぞ!

一通り作業が完了したら、L版サイズの証明写真データが生成されます。

 

「ネットプリント」アプリをダウンロード

自宅近くや駅近くにあるセブンイレブンで印刷する場合は、セブンイレブンのnetprintアプリをダウンロードして設定します。

アカウントを持っていない場合は事前に登録作業を完了しておきましょう。

netprint
カテゴリ: ビジネス
現在の価格: 無料

 

あとは先程生成した証明写真データを読み込んだらOKです。

 

コンビニ店頭で30円プリント

後は先ほど登録した写真データをセブンイレブンのマルチコピー機を使って呼び出します。

予約番号を入力すると1枚あたり30円でプリントアウトが可能です。

L版写真1枚に証明写真が3枚含まれていますので、実質証明写真1枚あたり10円で購入することができました。

 

まとめ

証明写真機1回で700円〜800円、4枚の証明写真が含まれてるとするとおよそ180円〜200円となりますので、かなりの節約が可能です。

 

正直言って、大人になってから顔が大幅に変わる人は早々いませんので、一度フォトスタジオで撮って貰えば向こう数年は使いまわすことが可能です。

(半年以内撮影なんて誰がわかるでしょうか)

 

ぜひ賢く安く証明写真を入手する方法を活用してみてくださいね!

 

この記事も人気ですよ