【プログラミング】Ruby on Railsで初めてのRailsアプリを作ってみよう

 

前回の記事でRails6で”rails s”でローカルホストの立ち上げができるようになったら、次は最小のRailsアプリケーションを作ってみます。

一旦”ctrl + c”でrails sで立ち上げたローカルホストのサーバを閉じましょう。

 

その後、ターミナルで下のコードを入力してアプリケーション作成の準備をします。

現在のフォルダにhello indexを表示するためのファイルが生成されます。

ファイルの生成が完了したら、再びターミナル上で””rails s”を入力し、ローカルホストでサーバを立ち上げましょう。

 

 

上の画面表示を少し変えてみます。

前回の記事で作成したRuby on Railsのフォルダを開いて、直接Xcode等のテキストエディタで編集します。

古来からの慣習に従い、”Hello World!”を画面に表示させるようコードを書いてみましょう。

 

sample > app > views > hello > index.html.erb

※○(追加)の表記は実際に記述する必要ありません。

 

上の記述が完了したら、上書き保存してから”rails s”で再びローカルホストを立ち上げ、画面表示が変更されているか確認します。

無事に画面表示が変更されました。

 

続いて、タイムゾーンをUTCからアジアタイムに変更してみます。

ここまで記述したら上書き保存後にローカルホストのページを更新します。

これで日本時間(東京時間)の現在時刻が表示されるページを作ることができました。

大きなウェブアプリケーションとは言えませんが、とても小さくともアプリケーションを作成したことには変わりません。

 

Ruby on Railsで試しにウェブアプリケーションを作ってみたいと思った方は、試しに上のコードを記述して最小のアプリケーションを作ってみましょう。

この記事も人気ですよ