【プログラミング】Atomの「Welcome Guide」を削除・表示しない方法

本格的にRuby on Railsを学習中です。

現在はRuby on Railsチュートリアル第6版を使って順調に進んでいます。

事前に「Progate」「プロを目指す人のためのRuby入門」「現場で使えるRuby on Rails 5速習実践ガイド」での学習を終えたおかげで、以前挑戦した時よりもスムーズに理解できるようになっていて自分でも驚きました。

 

もし、Ruby on Railsチュートリアルに挑戦して挫折してしまった場合は、一度初心に返ってRubyの基礎文法から学びなおしておいた方が良いですよ。

 

「プロを目指す人のためのRuby入門」

 

「現場で使えるRuby on Rails 5速習実践ガイド」

 

開発環境でコーディングに使うアプリとして、Atomに行き着いたのですが、起動するたびに「Welcome Guide」が表示されてしまう現象を解消する処理を行いました。

 

(下の画面はMac版Atom)

上のように、Atomを立ち上げるたびに表示される「Welcome」画面と「Welcom Guide」画面のせいで、肝心のコーディングに使うタブ表示が小さくなります。

 

消す方法は簡単なのですが、注意点もありますので、記録として残しておきます。

Atomを立ち上げたら、Welcome画面の下の方にある「Show Welcome Guide when opening Atom」のチェックを外します。

 

チェックを外したら、Atomのアプリ自体を一度終了させてから再起動します。

※【注意】この時、WelcomeとWelcome Guideのタブを消してしまうと設定変更が反映されませんでした。

 

これで、Atom再起動後はUntitleのページだけが表示されるようになりました。

この記事も人気ですよ