【プログラミング】Ruby on Rails6でpostgresqlのデータベース作成に失敗した場合の解決方法

現在、Ruby on Rails 5速習実践ガイド(5.2対応)でRailsの勉強をしています。

既にRailsのバージョンは6にしていますが、学習段階なのでこちらの本をそのまま読み進めています。

 

第3章の「アプリケーション作成の準備をしよう」の項で、作成したアプリケーションで使用するデータベースをpostgresqlに設定した後、データベース起動用のファイルを生成するため、以下のコードを実行したらエラーが発生しました。

 

ログを読むと、「/tmp/.s.PGSQL.5432」への接続に関するエラーが発生していることがわかりましたので、ターミナルで以下のコードを記述して実行。

 

 

その後、再びデータベース起動用に以下のコードを記述して実行。

 

無事にデータベースの作成が完了しました。

確認のため、railsサーバを起動します。

これでRails6上でも、postgresqlを用いたデータベースが生成されました。

 

 

 

この記事も人気ですよ