【プログラミング】Ruby on Rails6で「wget」コマンドを実行する方法

現在、Ruby on Rails 5速習実践ガイド(5.2対応)でRailsの勉強をしています。

既にRailsのバージョンは6にしていますが、学習段階なのでこちらの本をそのまま読み進めています。

 

本書の中に、Railsのエラーメッセージなどを日本語で出せるようにするために、エラーメッセージコンテンツの日本語翻訳ファイルをダウンロードする工程がありましたが、wgetコマンド実行でエラーが発生しました。

 

Mac版では、Homebrew経由でwgetをインストールすることで正常に動作することが確認できましたので、記録として残しておきます。

 

正常にインストールされたら、確認のため、以下のコードを記述して実行。

すると、以下のような翻訳内容の表示が一覧で出てきます。

 

これでwgetコマンドを使用することが可能になりました。

この記事も人気ですよ