【レビュー】(幻影異聞録#FE Encore)やはりペルソナ要素だけで7割を占める<中盤時点での評価・感想>

引き続き、幻影異聞録#FEをプレイしています。

レベル的にもストーリー中盤まで差し掛かったようで、とうとうクラスチェンジも解禁となりました。

 

 

改めて、プレイ感について

 

プレイ感については、序盤時点レビューと同様に「ペルソナ要素」が7割ほど。

実際のペルソナシリーズとは異なり、コープ等の要素はありませんが、裏ステータス「好感度」は一部キャラ間の技習得に影響があるようです。

取り返しがつかない要素が多いゲームはプレイしていて、別の意味でハラハラしますが、本作は上記の好感度による技習得以外に目立ったものが無さそうなので、安心してぐいぐい先へと進めています。

 

サブクエストには取り組むべき

 

なお、メインキャラクターのステージランクアップに伴う「サイドストーリー」は優先的に進めるサブクエストとしています。

ほとんどがレディアントスキルの習得に繋がるため、これらのサブクエストは実質メインクエストと同等であると考えて進める方が正しい気がします。

 

 

相変わらずボス戦はギリギリ

 

ボス戦ですが、本当に毎回ギリギリです。

主人公(蒼井樹)のスペシャルパフォーマンス「モデルポーズ」により2回行動ができるようにしてから、ボスを囲む雑魚敵を一掃しないとお話にならないといったケースもありました。

 

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーのように、場面場面で戦略を変えるのではなく、将棋のように1手ずつ緻密に行動を取捨選択して最適解を見つけるタイプの戦闘です。

 

 

セッションが最高に気持ち良い

 

また、段々と仲間キャラのスキルが充実してきたお陰で、戦闘メンバーに入っていなくても、追加攻撃してくれるセッションに参加可能となりました。

 

追加攻撃が増えれば増えるほど、ダメージ量が飛躍的にUPする上、単純に「気持ちが良い」と感じます。ただし、毎回全ての演出を見ていると時間がかかって仕方ないため、「クイックセッション」をONにしてスピーディに追加攻撃をしてもらっています。

 

敵の弱点を突いて、仲間によるテンポの良いセッションによる追加攻撃。

それによりどんどん溶けていく敵。

 

「戦闘が面白いゲームは、良いゲーム」が持論ですが、本作はまさしくその類のものです。

 

 

ストーリーはどうか

 

現在は第4章をプレイ中です。

ミラージュが人間界(及び人間)に悪影響を与えていることは分かるのですが、基本的に渋谷を中心とした東京近郊に終始するため、世界観の広がりはあまり感じられません。

 

また、ミラージュに体と精神を蝕まれた人を正常に戻していく展開が多く、「正体不明の敵」と戦っている感覚に乏しく、「頑張ってミラージュを撃退しよう!」と思うほどのインパクトが無いのが残念です。

 

また、ファイアーエムブレム要素はほとんど皆無。

原作を知らなくても全く問題ありません。

 

端的に表現するなら、「ゆるふわ芸能活動の傍に精神を病んだ人の対応を行う」という感じ。

 

まとめ

 

ストーリー後半になったらまた別の展開となるのか気になるところです。

ただ、ゲームとしてはとても良くまとまっていて、先へと進めたくなる要素の方が多いと思います。

 

ニンテンドースイッチで楽しくプレイできるRPGを探している場合には、割とおすすめできる作品だと言えます。

この記事も人気ですよ