【オクトパストラベラー】トレサの「買取る」によりテリオンの立つ瀬が危うい②(トレサ編 第1章)

賊に奪われた街の人々の商品を奪い返すため、トレサとともにマイヤ洞窟へ向かう一行。

 

トレサは事前に準備していた「眠り酒」入りの酒樽をマイヤ洞窟入り口にいた海賊に差し出します。

 

 

海賊たちが慕う伝説の大海賊レオン・バストラルの言葉「強い者が弱い者から奪う、それが世の常識だ」という言葉に従い、略奪行為を繰り返す2人の親分マックとミック。

    

 

仕込んだ眠り酒の効き目がそろそろ出始めると見込んで、洞窟内へと進みます。

この洞窟も中はシンプルな構造になっていましたので、迷うことなく攻略できます。道中は宝箱が数個隠されていますので、探索しながら進みましょう。

 

海賊たちは寝ぼけながら襲いかかってきます。

全体攻撃や弱点を突きながらの攻撃をすれば難なく倒せます。

 

 

2人の親分マックとミックが寝ている大広間に到着。

がっつり寝ていると思ったらミックが起き出してマックを起こします。

街の商品を奪い返しに来たトレサは商人の誇りと意地にかけて海賊から取り戻すことを宣言。

         

 

ぶっちゃけマンダラヘビに比べたら雑魚の部類に入る2人の親分。

回復しながらブースト状態の弱点攻撃で十分でした。

 

ミックとマックを倒したトレサは起き出した海賊たちに囲まれてしまいます。

 

その時、あの商船船長が助けに入りました。

蒼蛇の長槍、毒蛇のような俊敏さと強さ、それを見た海賊の親分はこの商船船長が大海賊のレオン・バストラルであることに気づきます。

 

その後、一目散に逃げ出す海賊たち。

「逃げ足だけは一人前だな」と、ややため息混じり気味に言うレオン・バストラル。 

  

 

街の人々のために1人立ち向かうトレサの姿を見て、「ちょいと俺の船によっていかないかい?」と誘うレオン。

事前に「信頼できるやつしか船に乗せない」と聞いていたトレサは少し遠慮しますが、「あああそうさ、さぁ、上がってくれ」と返す船長のかっこよさたるや。

 

トレサの勇気を称えて、船の積荷を1つプレゼントしようと提案してくれたレオン船長に対し、悩んだ結果、船の上に置き去りになっていた1冊の手記を見つけ、「これをください」とお願いするトレサ。

                    

 

そんな経緯を経て、とうとう世界中の宝を探しに出る決意をするトレサ。

見つけた手記には、運命を変える何かを感じた模様。

というわけで当初の目的であった「金策可能なキャラを仲間にする」という目標を達成しました。しばらくはトレサを仲間に入れた状態でしっかりとお金を稼いで行こうと思います。

 

【プレイ中のゲームソフト】

この記事も人気ですよ