【オクトパストラベラー】トレサの「買取る」によりテリオンの立つ瀬が危うい①(トレサ編 第1章)

金が危機に瀕しているサイラス先生一行。

新しい村や町に到着する度に武器防具を一新していたらお財布がすっからかんになってしまうので、我慢しながら進めてきましたが、「そういえば金策にうってつけのキャラがいたような、、、よし!仲間にしよう!」ということでやってきました。

 

まずはコーストランド地方のリプルタイドに向かうことに。

   

 

ファストトラベルでフラットランド地方のアトラスダムへ移動し、そこから南下していくとほぼ一本道でリプルタイドに到着します。

街中にいるトレサに話しかけるとトレサ編第1章が開始となります。

海賊に奪われた町の人々の商品を奪い返すべく、1人で海賊たちのアジト「マイヤ洞窟」へ向かおうとするトレサ。

 

そんなトレサはどんな子なのかというと、生粋の商人家系に生まれた女の子。

宝物に心を輝かせ、海の向こうに広がる大いなる世界を夢見て旅立ちたいと願う。

    

 

商品の仕入れに出るトレサは早朝に街の漁師と交渉し、上手に仕入れ値を値引いていました。針が内臓を痛めていることを指摘され、「子供に値踏みされちゃこっちも立つ瀬がねぇや」と漁師。

 

というわけでトレサのフィールドコマンド「買取る」が使用可能になりました。

仕組みはテリオンの盗むと似ていますが、トレサの場合は実際にお金を払って購入するため、確率に依存しません。

ただ、レアアイテムの場合は高額になる場合もあるため、とにかく資金量が物を言うといった感じです。

 

 

一人っ子故に、リプルタイドで両親が営む家を継がなければいけないという思いと、海の向こうの大いなる世界に羽ばたいて宝物をたくさん見てみたいという思いが交差するトレサ。

そんな折に、見たことのない商船が港に到着しました。

      

残念なことに、この商船の船長は「俺は信頼できる人間しか船に上げねぇ」と言い、中を見たいトレサを船に乗せてはくれませんでした。

 

すると街中で突然大きな音が鳴り響きます。

海賊たちが街の住民に悪さをして、商品を奪っていくところでした。

 

居ても立っても居られないトレサが海賊の前に立ちはだかります。

海賊たちを前に、手も足も出ないトレサに向かって先ほどの商船の船長が「お嬢ちゃん、やめときな」と静止に入ります。

そんな2人を「腰抜けと、くそガキ」と言い放ち、アジトの「マイヤ洞窟」へ戻っていく海賊たち。

 

持ち前の正義感から、マイヤ洞窟へ向かおうとするトレサに商船船長が声をかけます。

トレサは商船船長から手に入れた「眠り草」を使って作った「眠り酒」を準備します。

   

こうしてマイヤ洞窟へ向かう準備を整えたトレサを仲間にして、一路マイヤ洞窟へ向かいます。

 

【おまけ】

オクトパストラベラー序盤のオススメ装備

・竜のスカーフ(装備効果:行動後にSP回復)

・獣のスカーフ(装備効果:行動後にHP回復)

これらの道具はテリオンの「盗む」では0%表記のため、トレサの「買取る」でしか入手できません

買取るには各々16500リーフずつかかりますので、事前にお金を用意しておくか、トレサをパーティに入れた状態であちこち歩き回ることを推奨します。 

ちなみに、場所はリプルタイド内のトレサの実家で、お父さんとお母さんに「買取る」コマンドを実行すればOKです。

 

【プレイ中のゲームソフト】

この記事も人気ですよ