えっ?!まだAir Drop使ってないの?-使い方教えるから早く使った方がいいよ-

みなさんデータ転送方法ってどんな風に行なっていますか。

 

・iPhoneで撮った写真をMacBookに移すためにケーブルを探し、iPadで撮った写真をiPhoneに移すためにDropbox経由で保存・ダウンロード

・MacBookで作成したイラストや編集した画像をUSB経由で別のMacBookに送る

・LINEアルバム経由で写真を共有

 

、、、そんなのめんどくさくないですか?

 

Apple製品同士のファイルのやり取りをするなら、「Air Drop」を活用した方が効率的にファイルの送受信が可能です。

 

コードレスかつ無料なのに、あっという間に情報を共有する手段があるなら活用しないと損です。

しかも、LINEアルバムで共有した写真や動画はオリジナルの画質から変換されるため、大幅に劣化します。

 

この「Air Drop」を活用してちょっとおしゃれなAppleユーザーを目指しましょう。

 

Air Dropを使うための設定

Air DropをONにするためには、Wi-FiとBluetoothを両方ともONにする必要があります。

連絡先を交換している人同士であれば、連絡先のみを選択。

そうでなければ、全員を選択しておきましょう。

 

写真や動画を共有する

今の時代、撮影した写真や動画の共有をするシーンはかなり多くなっています。

 

「今日撮った写真、後で送るね!」という言葉を信じたがために、「あの時の写真どうしたっけな?」となった経験したことないですか?

 

ほとんどの人が上のようなことをされたことも、したこともあるでしょう。

 

「今すぐ送るからAir DropをON にして!」と一言声をかけるだけでその場で写真も動画さえも共有できちゃいます。

送信方法は上の通り。

送りたい写真や動画を選択して、共有ボタンからAir Dropの共有先を選択するだけ。

 

Safariのページを共有する

いまSafariで閲覧しているウェブサイトを人に見せたい時にいちいち自分のiPhoneを見せるのは効率が悪いですよね。

 

これも共有ボタンから、相手のデバイスに送ることができますよ。

 

メモを共有する

ちょっとしたメモをテキストに入れれば、それをすぐに送ることができます。

 

作っておいた買い物メモやタスクメモなどをメールで送るよりも、相手のiPhoneなどにAir Dropで送った方が断然早くて快適です。

 

連絡先を共有する

連絡先の共有は「連絡先」アプリからできます。

 

最近ではLINE交換で済ますことが多いですが、親戚の連絡先や職場仲間の連絡先を共有する際は携帯に登録している情報を共有すると一発です。

 

 

アプリを共有する

アプリの共有はApp Storeから行います。

自分が見つけたアプリを、相手の端末にApp Store経由で共有することで検索の手間を省けます。

 

地図を共有する

旅行で行く予定の場所や、待ち合わせ場所などを決めた際に、地図アプリで場所を共有しておくと便利です。

 

まとめ

ファイルサイズが大きくて、共有する頻度も量も多い写真や動画はAir Dropを使うと本当に一瞬で友達や家族、恋人に写真を送ることができます。

 

Safariで閲覧しているウェブサイト〜地図の共有まで、他のアプリやサービスを介さずワンオペレーションで共有ができる便利さを一度試してみてください!

 

この記事も人気ですよ