【Affinity Designer】チラシや広告で良く見る「写真・画像の切り抜き方法」を紹介します

最近、ブログ媒体だけだと制作工程のイメージがつき辛いと思い、YouTubeにも動画形式で公開し始めました。

今回は、チラシや広告で良く見る「写真・画像の切り抜き方法」を記事にしておきました。

 

使用するアプリはAffinity Designerですが、Affinity Photoでも同様の機能を使って切り抜きができますので、いずれかのアプリを準備しておきましょう!

ちなみに、Mac(iMac、Macbook共通)でも基本的な操作は同じですので、iPad版でなくてもぜひ参考にしてくださいね。

 

YouTubeでの制作工程紹介動画

 

短い動画解説ですが、制作工程をわかりやすくまとめておきました。

実際に見ながら手元のiPadとApple Pencilを動かすと誰でも簡単に制作ができますので試してみてくださいね!

 

「ペルソナ」を「ピクセル」に変更

Affinity Designerでは、ペルソナをピクセルに切り替えることで、「スマート選択ブラシツール」が選べるようになります。今回は、このスマート選択ブラシツールを活用していきます。

(Affinity Photoでは、ペルソナを選択に切り替える点が異なりますので、使用しているアプリによって選択するペルソナ名称が違うことを覚えておいてくださいね)

 

 

スマート選択ブラシツールで作業

スマート選択ブラシツールに切り替えたら、切り抜きたい箇所をガツガツっと選択していきます。

モードを追加にして、ブラシを当てていきましょう。

 

切り抜きたい箇所以外が選択されてしまった場合は、モードを除外にしてからタッチすると選択解除ができます。

 

調整をタップして仕上げチェック

一通り切り抜きたい箇所の選択が完了したら、調整ボタンをタップします。

選択した箇所以外が赤く塗りつぶされて表示されますので、画面を拡大・縮小しながら仕上げをチェックしましょう。

 

もし、細かい部分がうまく反映されていなかったら、該当箇所にブラシを当てることで自動的に修正してくれます。

 

新規レイヤーに切り替えて適用

仕上げチェックが完了したら、新規レイヤーに切り替えて適用ボタンをタップします。

すると、先程選択した切り抜き箇所だけが新規レイヤーとして生成されます。

 

生成された切り抜き画像の元データは表示をOFFにして、切り抜き画像だけを残すと、好きなように加工処理ができるようになります。

 

背景素材を表示し、文字を乗せる

今回は、フリーの背景素材をレイヤーの下に置き、アイキャッチ画像用の文字を上に乗せました。

1枚の写真を有効活用して、アイキャッチを作ってみるのも楽しいですよ!

 

この記事も人気ですよ