【ライフハック】安い服を何着も買うより、定番で飽きの来ない高い服1着の方が遥かに「良い」ってことについて

皆さんは毎月服代にいくら費やしていますか?

1万円?

3万円?

10万円?

 

はっきり言って服代は無駄遣い

そもそも、服なんてそんなにしょっちゅうダメになりますか?

 

ヨレヨレになった

・飽きてしまった

・流行りではない

・新しい服がかっこよかった/可愛かった

 

色んな理由を思い浮かべて、服屋で3000円〜10000円ほどの洋服をついつい買ってしまう。

 

それって無駄じゃないですか?

まだアイロンをかければピシッとした状態に戻る服もあるでしょう。

流行っているからという理由で買わなければ飽きも廃りも無かったでしょう。

 

この「何となく使っている洋服代」がどうして無駄遣いであるかについて解説します。

 

ファッション業界がわざと陳腐化させている

毎年のように流行り廃りが目まぐるしく入れ替わるファッション業界において重要なことは、「いかに買わせた服を陳腐化させて次の服を買わせるか」という点であることを念頭に置きましょう。

 

そして、財布からお金を垂れ流しやすい人は、「自分の芯が弱い人」という傾向であることもファッション業界は理解しています。

 

そのため、タレントやモデルに売りたい服を着せてテレビや雑誌で「今年の流行なんです!」と言わせて、それに感化された人に「流行りと思わせた服を買わせる」という戦略です。

 

そして、翌年にはまた新しいデザインの服で同じことをします。

 

そもそも流行り廃りは人々の主観でしかない

昭和を代表する真っ赤なルージュやパーマがかった髪型が今では再び流行しているようです。

 

これと同じく一部の層で昭和帰りとも言える服装も増加傾向にあることが街中を歩いていると見えてきます。

 

そもそも、「流行り」とは何でしょう。

個性を出したいから流行っている服を買って着る?

皆んなが買って着ているその服を?

 

とんだ矛盾です。

 

個性を出したいのに、量産品を買って着ることでむしろ個性が埋もれてしまうのではないですか?

 

服装は内面を心理を映し出す

こうしてファッション業界に騙された人たちが、今年の流行服と聞きつけて、服屋で大量の「流行らせられた服」を有難がって買って帰るのがこの業界の本質です。

 

服装で個性を出したいというのは、言い換えれば、中身が無いから外側で誤魔化したいという内面の心理を映し出しているのです。

 

ゴテゴテにアクセサリーをつけて、流行っているとされる服で身を固めるよりも、オーソドックスなシャツ×パンツスタイルの方がシンプルでよっぽどカッコいいでしょう。

 

本当の個性は培った知識・技術・経験を基礎とした人格に備わるものです。

 

見た目だけに囚われた「個性」と言う名の「流行に乗せられやすいだけの中身のない人」であることに気づいた時にようやく自分とは何かについて考えることができるようになります。

 

まとめ

毎月数回しか着ないかもしれない服に何万円もお金を出して、ファッション業界の養分になるくらいなら、定番で飽きのこない服を数着買って、丁寧に着まわせば十分生活できます。

 

浮いたお金で本を買い、浮いた時間で勉強し、本当の個性を内面から磨くことの方が、流行に振り回されるだけの人生より価値のある生き方ではないでしょうか。

 

僕の場合、服は定番のシンプルなモノを好んで数年に一度買う程度にしています。

 

ただし、キチンと長く使える服であるか、デザインに飽きがこないシンプルで丁寧な作りであるか見定めてから買うことにしています。

(先日購入したノースフェイスのマウンテンダウンジャケットもその例です)

 

勉強や努力が嫌だからといって安易にお金を出して手に入る小さな満足感に浸る生活とは決別してみましょう。

この記事も人気ですよ