【レビュー】(ヨッシークラフトワールド)工作の世界を旅するほのぼのまったり物語の評価・感想

工作の世界を自由に歩き回る世界観のヨッシークラフトワールド。

幅広い年齢層に親しまれるキャラクターと、実写のようにリアル寄りの工作物で描かれたポップな世界観を上手に融合されている本作の秀逸さには驚かされました。

 

マリオシリーズスピンオフ作品の中でも人気の高いキャラクター「ヨッシー」。

彼らと共に工作の世界を旅することができるほのぼのまったりゲームをレビューしていきます。

 

評価・感想

 

ボリューム ★★★☆☆※やりこみにより変動
ストーリー ★★★★☆
グラフィック ★★★★★
音楽 ★★★★☆
操作性 ★★★★☆
難易度 ★☆☆☆☆

 

メインステージだけをさらっとプレイする分には、ボリュームは少なめです。

各ステージの隠し要素やじっくりと探索せずにプレイした場合は、10時間ほどで全クリア可能です。

本作はアクション要素がメインのゲームであるため、無駄に長いムービーや会話シーンなどが無く、サクサクと先に進めていくことができます。

 

質感を感じるグラフィック

 

本作の最も素晴らしい点は、画面を通してゲーム内のキャラクターやオブジェクトに「リアルな質感」を感じることができるところです。

 

ドットでもアニメでも無く、かといって普通の3Dモデルでもない独特なグラフィックで描写されています。

 

ホップでカラフルな世界。

その中をテクテクと歩き回るヨッシー。

 

その姿を見るだけで、かなり心が癒されてしまう不思議な魅力があります。

 

おすそわけプレイで楽しさ倍増

 

本作はメインストーリーをプレイするだけならシングルプレイヤーでも十分楽しんで遊ぶことができます。

誰かと相談しながら進めたい時は、おすそわけプレイをすることでかなり盛り上がりながらあちこち探索することもできます。

おすそわけプレイ時の注意としては、「たべる」コマンドで仲間プレイヤーを口に含んでしまわないこと。

せっかく集めたタマゴを奪ってしまうことになり、空気が悪くなる可能性もあります(タマゴの補充は割と簡単なので、まだマシですが)。

 

隠し要素が豊富過ぎる

 

マリオシリーズといえば、えげつないほどのやりこみ要素がありますが、ヨッシークラフトワールドでも同様に「えげつないほどのやりこみ要素」があります。

 

攻略情報を見ないでフルコンプリートを目指してプレイする場合は、30〜40時間以上かかるかもしれません。

 

「赤コイン」や「フラワー」をコンプリートするためには、テージ内をかなりじっくり見回していく必要があります。

 

 

変化がないためやや冗長

 

プレイを進めていっても、新しいアクションが増えることがありません。

耐久力がが上がる効果を持つ「きせかえ工作」はありますが、基本アクションそのものは変化しません。

 

そのため、序盤から終盤にかけて、プレイ感に変化を感じることが難しくなるため、ストーリーや世界観が合わない場合は飽きやすくなる可能性があります。

 

 

まとめ

 

本作はほのぼのまったりと工作の世界でヨッシーと共に探索をするゲームです。

激しいバトルアクション系のゲームや、RPGの合間に軽くプレイするくらいがちょうど良い感じだと思います。

かなり初心者向けの設計でしたので、小さな子どもでもプレイすることも可能です。

 

この記事も人気ですよ