【レビュー】(ボードゲーム)「ナンバーナイン」をプレイした評価・感想

ンバーナイン(NMBR9)というボードゲームをプレイしてみました。

 

メビウスゲームズがパブリッシャーの本作。

一見簡単そうなボードゲームに見えて、奥深い楽しさがある「ナンバーナイン」をプレイした評価・感想をまとめておきたいと思います。

 

 

目次

評価・感想

 

インストに要する時間は約10分。

説明が上手な人なら5分あれば余裕でしょう。

 

とにかく「数字パネルをいかに隙間無く埋めた土台を展開できるか」が勝負の決め手です。

3戦ほどプレイした結果、かなり僅差での勝敗が決しましたので、プレイヤーレベルが同じ人同士だと熱い戦いができる気がします。

 

総合評価としては、65点の佳作といった印象です。

 

 

内容物

 

・数字パネル0〜9

・数字カード20枚

 

とてもシンプルな構成です。

凝ったコンポーネント類が好きな方には少々物足りないかもしれません。

 

 

ゲームルール

 

シャッフルした山札をめくって、表示された数字と同じ数字パネルを各プレイヤーは1枚ずつ獲得します。

その後、獲得したパネルを自分の手前に並べていきます。

 

2段目以降の数字パネルから獲得できる勝利点が増えていきます。

 

2段目:配置した数字パネル×1

3段目:配置した数字パネル×2

4段目:配置した数字パネル×3

5段目:配置した数字パネル×4

※土台である1段目は獲得点0です。

 

できるだけ高得点を狙うため、数字の大きいパネルが手元に来たときに重ねられるように、土台を上手く組んでいく必要があります。

 

 

まとめ

 

プレイしたことがないボードゲームを開拓していけるのは、ボードゲームカフェの大きなメリットだと感じました。

 

普通のテレビゲームだけでなく、友達や家族とボードゲームでワイワイ楽しむのもいいと思いますよ。

 

なお、同じメビウスゲームズパブリッシャーのボードゲームで名作中の名作「カルカソンヌ」もオススメです。

あわせて読みたい
【レビュー】(ボードゲーム)カルカソンヌJの敷居の低さと奥深さに驚かされる個人的最高評価のクオリティ 必ずと言って良いほどボードゲームランキングの上位に位置する古典的な名作「カルカソンヌ」。 日本版仕様の追加要素が加わっているので、「カルカソンヌJ」という名称...

※20周年記念の特別版もあります。

 

面白かったら下のボタンから共有お願いします!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次