【レビュー】(ホロウナイト)PS4版ホロウナイトを全クリしたので評価・感想をレビューするよ

ずっとプレイしてみたかったホロウナイトが、Playstation Plus会員向けフリープレイの対象ゲームとなっていたので、この機会にダウンロード・プレイして通常エンディングまで駆け抜けてみました。

メインクエストを中心に進めた最終的なプレイ結果として、クリア時間が23時間、ゲーム達成度は77%。

探索をもう少し削れば20時間以内でのクリアも可能でしたが、探索することで解放される新スキルや新装備(チャーム)入手など、ハロウネストの世界を旅して回るのが楽しすぎて気付けば世界中あちこち歩き回ってしまっていました。

 

マルチ展開されているインディーズゲームですので、ニンテンドースイッチでのプレイ可能です。むしろ、PS4版で全クリアまでプレイし終えましたが、携帯機との親和性の方が間違いなく高いと思います。

 

評価・感想

 

パッケージの見た目とは裏腹に、このゲームをプレイしてみて感じたのが、「ボリューム多い、難易度めっちゃ高い、でもすごく楽しい!!」という感想です。ダークソウルテイストで、油断するとあっさりボスや道中の敵に負けてしまうのですが、探索することで体力を増やしたり、武器を強化したり、必殺技や装備を増やすことができるので、準備を整えてから再戦するとあっさり勝ててしまうことも。

基本的に、敵の攻撃を見極めて上手に避け、1・2発の攻撃を当てていくゲームスタイルですので、ボタン連打・ゴリ押しスタイルは通じません。敵の攻撃パターンはじっくり観察すると実はそれほど種類は多くありませんので、攻撃に転じることができる動きを見極めると案外苦労することなくボスを倒すことが可能でした。

 

ボリューム ★★★★★

ストーリー ★★★☆☆

グラフィック ★★★★★

音楽 ★★★★☆

操作性 ★★★★★

難易度 ★★★★☆

 

<PS4版>

<ニンテンドースイッチ版>

 

想像以上にボリューム満点

 

これが一番予想外でした。

今回は他にプレイしたいゲームが溜まっているので、メインクエストだけプレイしましたが、ゲーム達成度100%を目指す場合は40時間前後のプレイ時間となると思われます。

さらに、DLCまで本気で全クリアしようと思ったら、100時間くらいかかる可能性も、、、

インディーズゲームでこれだけのハイクオリティな内容は驚くべきものがあります。

 

 

ストーリーはほんわかにダーク

 

2Dアクションゲームなのに、世界に奥行きを感じることができるほどグラフィックが美麗で、先に進むたびに「次はどんな景色なのだろう」とワクワクさせられるほど。見た目も独特でいて、可愛らしいキャラがたくさんいて、話しかけるのが楽しかったです。

 

ストーリーはダークソウルテイスト(というか、リスペクト)なのか、あまり多くは語られず、ハロウネストの世界を渡り歩き、自分自身でヒントを集めて世界に何が起きたのかを想像するような設計となっています。

 

一方で、とても綺麗な場所を探索してたと思ったら、おぞましい見た目の敵が登場するようなダークな場所へと足を踏み込んでしまうといった急展開もあります。

 

世界観にマッチするBGM

 

最近のAAAタイトルのゲームに多い気がしますが、「BGMが耳に残らない現象問題」が増えた昨今。ホロウナイトはそんな問題を知ってか知らずか、それぞれのワールドにマッチした暗いけど優しいBGMが多く割り当てられています。

ボス戦ではもう少し盛り上がるBGMを入れてほしかったところですが、世界観全体との整合性を鑑みると、素晴らしい設計力だと感じることができます。

(AAAタイトルも見習って欲しいところ)

 

ヌルゲーマーを篩い落とす難易度

 

 

ボス戦を体験してみるとわかりますが、ホロウナイトのゲーム設計においてヌルゲーマーはお呼びでない難易度となっています。

最近のスマホぽちぽちゲーで「ゲーマー」と自負している人の心をこれでもかと言うくらい粉々に砕く高難度なゲーム設計ですが、だからこそ世界中で愛される最高のインディーズゲームの1つとされているのでしょう。

 

腕に覚えがある方は実際にホロウナイトをプレイして、「本当のゲーム」をプレイする感覚を思い出して欲しいと思います。

ちなみに、監視塔の騎士だけは本当に苦戦しました。チャームを見直し、戦略を見直し、何度も何度もトライしてようやく倒した時の達成感はSEKIROをクリアした時の感覚に劣らないほど嬉しかったです。

 

まとめ

 

ホロウナイトをプレイすることができて本当に良かったと思います。

最近のゲーム業界が大きく変わってきていて、有名なゲームのナンバリングタイトルよりも、インデーズの方が高い満足度を提供してくれることもあります。

ナンバリングタイトルではありませんが、最近ニンテンドースイッチでリマスターが発売されたFFCC(ファイナルファンタジークリスタルクロニクル)なんて、発売後1ヶ月も経たないうちに新品価格が70%オフとなる自体で、スクエニに期待して購入した僕は絶句しました。

 

できるだけ楽しいゲーム体験をしたいと思っているゲーム好きな方へ向けて、ぜひホロウナイトのような高品質のインディーズゲーム等をチェックしてみてくださいね!

 

この記事も人気ですよ