【レビュー】(ボードゲーム)フォグサイトーFOGSITEーをプレイしたので評価・感想を書き記す

新作ボードゲームが気になり始めた頃、ちょこちょこ見かけていたアークライトパブリッシャーのフォグサイト(FOGSITE)。

 

良いタイミングで、行きつけのボードゲームショップで本作をプレイできるようになっていたので、試しに遊んでみました。

<ゲーム説明:フォグサイトってどんなゲーム?>

「視界が遮られるほどの深い深い霧の中、不思議な遺跡に迷い込んだ探検家チーム。脱出を試みる彼らと、それを阻止する遺跡の衛兵・守護神との戦い」

 

上で書いたような説明とプレイルールに関して、店員さんからのインストを受けて、僕が遺跡側になってプレイ開始。

本作は、プレイヤー人数目安2〜4名となっており、1人が遺跡役・残りのプレイヤーが探検家役としてゲームをプレイする設計だそうです。

 

コンポーネント類の紹介

 

探検家側のコンポーネント

 

探検家は2名〜3名でチームを組む形式。

※2名でプレイする場合は1名が遺跡側・もう1名がプレイヤーコマを2名分操作することとなります。

 

プレイ開始時に、各プレイヤーには職業を割り当てます。

例えば、地理学者の場合は「隣接する2つの空きマスが部屋か壁かを確認できる」という強力なスキルを使用可能。

 

全てのプレイヤーコマのターンが終了した時に選択する「休憩」「警戒」のカード。

 

遺跡側のコンポーネント

 

こちらはターンコマ兼マップタイル。

 

最後にこれが遺跡側のコンポーネント一式。

プレイヤーコマがどの位置にいるかは遺跡側から丸見えの状態です。

初期配置では魔法陣の上に遺跡の衛兵を置きます。

 

ざっくりゲームプレイ

 

各コンポーネントの確認・配置が完了したので、実際にゲームをプレイしてみました。

 

プレイヤーターンにできること

 

プレイヤーコマを動かす方は「黄色コマを(東西南北いずれか)に1マス動きます」と宣言。

遺跡側は「(壁の場合は)壁です」「(部屋の場合は)部屋です」と返答します。

 

壁の場合:該当プレイヤーコマのターン終了

部屋の場合:互いに該当プレイヤーコマを同じ位置に移動し、該当プレイヤーコマのターン継続

 

全てのプレイヤーコマが壁にぶつかるまでこれを繰り返します。

 

全てのプレイヤーが同じマスに集まったと合意が得られたら、1ゲームに1回だけ「脱出」を宣言することができ、「成功すればプレイヤーの勝ち」「失敗すれば遺跡の勝ち」です。

 

まだ同じマスに集まっていないと思ったら「休憩」か「警戒」を選択して、遺跡側のターンに切り替わります。

 

 

遺跡ターンにできること

 

全てのプレイヤーコマが行動を終了したら遺跡側のターン開始です。

遺跡側ができることはかなり少なく、

「移動トークンを1つ消費して衛兵を1マス動かす」

「プレイヤーコマと同じマスにいる場合<攻撃>を行う:成功時にタイル3枚破棄」

「パス」

ここで厄介なのが、「移動トークンは消費したら回復しない」というルール。これのせいで遺跡側は序盤だとパスを選択せざるを得ないパターンが多くなります。

そして、その間に探検家チームはどんどん遺跡内を探索していき、早々に「脱出成功」となるケースが発生しました。

 

評価・感想

 

遺跡側を3回ほど担当しましたが、プレイヤー2人だと完全に探検家チームが有利なゲーム設計だと感じました。

3回のうち2回は遺跡側がパスをした次のターンには、探検家チームが同じコマに集まって「脱出成功」となり、遺跡側が何もしないままゲーム終了となりました。

残り1回も衛兵が移動してプレイヤーコマを攻撃したら警戒されてノーダメージ終了。

 

このボードゲームをプレイする場合は、最低でも3人〜4人揃えるべきだと感じました。多人数でプレイすれば、もう少し遺跡側が楽しむこともできるのかもしれません。

 

 

 

この記事も人気ですよ