ニンテンドースイッチをテーブルモード(携帯モード)でプレイしながら充電する方法

ンテンドースイッチで快適ゲームライフを楽しんでいます。

ゼルダの伝説をプレイした後に時間があれば、スカイリムやダークソウルにもチャレンジしてみたいと思う今日この頃。

 

ただですね、ニンテンドースイッチは「バッテリーの持ちが悪い」という弱点があります。

 

テーブルモードでプレイしていると2時間半ほどでバッテリー切れを起こします。

 

充電しながらプレイしようとすると、充電ケーブルの差込口が本体の下にあるため、テーブルに寝かしながら充電することになります。

 

そのため、下を向きながら長時間プレイしようとすると今度は首が痛くなるという悩みを生むのです。

 

そんな状況を改善するため、充電しながらゲームをプレイできるプレイスタンドを買ってきました。

 

中身はこんな感じ。

Nintendo Switchのロゴがしっかりと刻印されているのが良い感じです。

 

本体がパカっと分かれて、3段階に角度調節できる仕様。

 

実際にニンテンドースイッチ本体をプレイスタンドに載せてみました。

 

充電ケーブルはプレイスタンド前面にケーブル差込口の切れ込みがありますので、そこから充電ケーブルの差込ができます。

友人宅にニンテンドースイッチを持って行ってテーブルモードや携帯モードでプレイする時に急なバッテリー切れでゲーム中断という事態を避けたい場合は、予め準備しておくと安心です。

 

この記事も人気ですよ