【速報】Nintendo Switch新型発表‼︎有機EL搭載・ディスプレイサイズ拡大版!! - 主な変更点等をまとめてみました -

本日突如やってきました。

本日ニンテンドー公式Twitterアカウントにて、有機EL搭載の新型Nintendo Switchが発表されました。

 

ニンテンドースイッチの初期型が発売されたのは2017年で、こちらの新型は2021年10月8日発売予定。

 

テーブルモード・TVモードを切り替えることができる本家スイッチタイプの新型としては、実に4年越しの発売となります。

 

初期型を購入したプレイヤーは買い替えても良いと思える内容になっていますので、9月下旬に開始される予約日が発表されたら早めに準備をしておいた方が良さそうです。

 

 

主な変更点

 

新型ニンテンドースイッチの主な変更点は以下の通りです。

※通常版のニンテンドースイッチとの比較

 

・ディスプレイが有機ELに変更

・有線LAN対応

・背面スタンドがフリースタンド式に変更

・ディスプレイサイズが拡大(7インチ)

・スピーカー性能向上

・本体メモリが64GBへ増加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一部で噂されていたPro版ではなく、「ややアップグレード版」という位置に落ち着いた感じですね。

GPU等のスペック上の変化は無いので、テーブルモードでのプレイや携帯モードメインのプレイヤー向けの仕様変更版と考えた方が良さそうです。

 

 

 

 

本体性能だけでなく、本体サイズやジョイコン仕様も変更はありません。

すごく極端なことを言えば、「Nintendo Switchの本体部分だけややアップグレードしましたよ!版」です。直近で従来の本体を買ってしまったとしても、気にすることはありません。

 

新型Nintendo Switchの価格は税込で37,980円。

従来品より5,000円値上がりしているので、TVモードメインでゲームをプレイする場合は新型でなくてもOK。

一方で、頻繁に外出先へ持ち出して、テーブルモードや携帯モードでゲームをプレイするユーザーの場合は迷うことなく新型を購入すべきでしょう。

 

 

この記事も人気ですよ