【ライフハック】大量の積みゲーを消化する時間が足りない時にできる具体的な対策・解決法

とうとう消費税10%にアップしました。

増税前に買っておこうか悩んだゲームをヨドバシのショッピングカートに突っ込んでいましたが、合計金額と睨めっこした結果、無事踏みとどまることができました。

 

新しいゲームが発売されるとついついお布施感覚で購入して、プレイする時間もなく積んでしまうことがあります。

 

僕が積みゲーし過ぎないように意識的に対策している方法と、積みゲーしてしまった時の解決法をご紹介します。

 

【積みゲーしない方法】

まずはできるだけ「積みゲー」を発生させないようにするための具体的な方法を紹介します。

 

①プレイ中のゲームを終えるまで買わない

積みゲーが発生する原因は、単純に「買い過ぎ」です。

基本的に今プレイ中のゲームをクリアしてから次のゲームを買うようにするだけで問題は解決できます。

 

ダウンロードソフトのセールにも要注意です。

40%〜80%のセール情報を見かけて、「いつかやりたい!」「今ならお買い得だ!」と思ってついついポチッと購入。

 

結果、容量を圧迫するだけの置物のような状態に。

 

冷静に考えると、セール価格と市場価格はニアイコールです。Amazonやヨドバシ、価格コムで値段をチェックすると、そこまで大きな価格差は無いことに気づきます。

 

②本当にプレイしたいゲームか吟味する

それでも面白そうなゲームや話題のゲームなどに興味が出ることもあります。それなら、YouTubeのプレイ動画やショップでのレビューをしっかりと見た上で吟味します。

 

レビュー内で酷評の嵐であった場合には、先人達に深い感謝の念を持ちつつ、そっとカートから棚にソフトを戻してあげましょう。

 

いずれも自分の琴線に触れる良いゲームと感じたなら、買う価値があると判断できます。

 

③ストレスを感じたら見切りをつける

プレイしてみて、「あ、これ面白くない」と感じたら、そっとパッケージに戻して中古ショップやヤフオク・メルカリへ出品します。

 

社会人につまらないゲームをプレイし続ける時間はありません。

早々に見切りをつけましょう。

 

「せっかく買ったんだからクリアしないともったいない!」なんて考えてはいけません。

 

クソゲーに時間を費やす方がよっぽどもったいないです。

 

④サブクエスト系はやらない

「膨大なボリューム!」「100時間以上プレイ可能!」。そんな謳い文句に心踊らされることもあるでしょう。

 

でも、本当に100時間もプレイできるほど時間に余裕ありますか?もし20時間で終わるゲームなら、5本も完走できます。

 

水増し用のお使いサブクエストやただのミニゲームなら「やらない」ことが重要です。

 

メインストーリーだけ走り抜けましょう。

 

⑤ゲームプレイの時間を確保する

最も重要なことは、「プレイ時間の確保」です。そもそもプレイしないとストーリーは進みません。

 

仕事が忙しい、家族サービスしないといけない、眠気でゲームどころではない等々、「できない理由」を挙げることは簡単です。

 

とはいえ、ニンテンドースイッチなら本体だけで通勤時間にプレイできますし、PS4もリモートプレイ用のアプリ経由で出先でもプレイ可能です。

 

はっきり言って社会人になっても皆さん電車内でスマホゲームをプレイしている方ばかりです。

 

以前のように、みんながニンテンドースイッチやタブレットでのPS4などのリモートプレイを、電車などの移動中に活用するようになれば、一気に活性化するのだと思います。

 

【積みゲーした時の崩し方】

それでも積みゲーしてしまった時の対策として、解消する方法をまとめておきました。

 

①優先度をつける

積みゲーしてしまった際には、まず優先度をつけましょう。

まずは上の例を参考に、Sランク〜Dランクまで優先度をつけていきます。

 

Sランク:絶対にプレイしたい

Aランク:かなりプレイしたい

Bランク:ややプレイしたい

Cランク:時間があればプレイしたい

Dランク:やるものがない時にプレイしたい

 

ランク付けができたら、棚の中にある各ソフトもランク別に整理しておきましょう。

 

あとはSランクから順にプレイしていくだけです。

なお、C・Dランクは手放しても良いです。

 

②新しいゲームはお店(倉庫)に預けてると考える

 

新しいゲームを買いたくなる衝動に駆られることもあるでしょう。プレイする時間が無いのに、物欲が心を支配して、ついつい購入、、、なんてことも。

 

ここで一旦考え方を変えてみます。

 

「新しいゲームはお店(倉庫)に預けてあるから、必要な時に倉庫代を払って取り出そう」、と。

 

ゲームはよっぽどのことがない限り、プレミアがつくことはありません。本数が少ないニッチなファミコンソフトや過去の名作ソフト新品未開封などであれば、いざ知らず。

 

純粋にゲームをプレイして楽しみたいプレイヤーであるなら、コレクションとしてむやみに買い増すのではなく、目の前の1本に注力しましょう。

 

③プレイしないゲームは手放す

 

上記①で書いた「ランク付け」の結果、C・Dランクに位置したゲームは手放しても問題ありません。

 

優先度が低いので、手放してしまえば案外存在自体忘れてしまったりします。

 

何より手放すにあたっても、近所の中古ショップでも良いですし、メルカリやヤフオクも活用できます。

 

ニンテンドースイッチのゲームなら新品価格から15%引きくらいでも買い手がつくみたいなので積極的に活用しましょう。

 

④間を空けず一気にメインクエストだけプレイ

 

 

豊富なサブクエスト(お使い)

豊富なミニゲーム(作業)

豊富なサイドシナリオ(ひたすら会話)

全部不必要です。

 

1週目はとにかくメインクエストだけ走り抜けて、ストーリークリアを目指しましょう。

 

本当にその作品が気に入って、もう一度プレイしたい、もっと詳しく知りたいと感じた時にサブクエスト関係をプレイすれば良いのです。

 

メインクエストをクリアしたら満足したなら、それはそれで良いのです。用意されたコンテンツを全て消化するのは義務ではありません。

 

まとめ

どうしても発売直後に予約して購入してしまうことが多々ありますが、冷静に考えたら売り切れてもDL版で購入することもできる時代です。

 

焦って高い値段で買った新品のゲームを棚の肥やしにする「積みゲー」のラインナップに加えないためには、上で紹介した方法を実際に活用してみてください。

 

本当にすぐプレイしたいゲームは予約購入して、受け取り後に即プレイ開始。

程々にプレイしたいゲームはレビューや配信動画を見て、しっかりと吟味(それまでは倉庫(お店)に預ける)

ちょっとだけ気になるゲームは買わない(買わない)

これを徹底し、積みゲーを解消しつつ快適なゲームライフを過ごしましょう!

 

この記事も人気ですよ