【レビュー】(マリオ3Dワールド+フューリーワールド)二人プレイが最高に楽しい最高峰アクションゲームの評価・感想を書き記す

マリオ3Dワールド+フューリーワールドの「フューリーワールド」の方を先に全クリアしたので、そちらのレビューを書き記しておきます。

 

 

フューリーワールドとは

 

本作は、もともとWii Uで発売された「マリオ3Dワールド」に、追加要素として「フューリーワールド」が加わってニンテンドースイッチ版として(フルプライスで)発売されました。

プレイヤー数は1人〜2人

メインプレイヤー:マリオを操作

サブプレイヤー:コクッパを操作

※コクッパは敵の攻撃を受けても倒されません。

 

評価・感想

 

ボリューム ★★★☆☆
ストーリー ★★★★☆
グラフィック ★★★★★
音楽 ★★★★★
操作性 ★★★★☆
難易度 ★★★☆☆

 

実際にプレイしした感触は「スーパーマリオオデッセイ」そのものといったところでした。

 

準オープンワールドな世界で、縦横無尽に駆け巡るのはやっぱり楽しい。寄り道最小限で、クリアまでにかかった時間は約5時間ほどです。アクションゲームとしては十分なボリュームだと思います。

 

 

探索が楽しく夢中でプレイ

 

あちこち走り回ってネコシャインを集めている最中に、凶暴化したクッパが海上に現れて、火炎や火炎岩石落としなどの妨害行為をしてきます。

 

道中では子猫が迷子になってしまったお母さん猫のために、子猫を探してあげるミッションもあります。

 

海が多いステージなので、頻繁に海上を移動します。

景色が綺麗で、操作感もキビキビとしているため、ストレスを感じることなくあちこち移動しながら探索することができました。

 

 

凶暴化したクッパの妨害と有効活用

 

そうこうしているうちに、凶暴化したクッパが再びやってきて、ステージ上で暴れまわります。

しかし、凶暴化したクッパの攻撃を上手に活用することで、ステージ内に隠されたネコシャインを獲得することができる上、付近の灯台が解放されてクッパを追い返すことも可能になります。

クッパの攻撃が「単なる妨害」ではなく、プレイヤーが上手に誘導することで「隠れたメリット」としても活用できる点は他のゲームと異なる任天堂らしさだと思いました。

 

そして、ネコシャインをある一定の数集めていくと、凶暴化したクッパ登場時に巨大ネコに返信できるようになる「ギガベル」が解放されます。ゲームクリアまでに必要なギガベル解放用のネコシャインは50個で、ワールド内に隠されたネコシャインは100個とのこと。

 

まとめ

 

まったりネコシャイン集めをしながら遊んでも良し、ゲームクリアを目指して最短でネコシャインを集めて凶暴化したクッパを倒すも良し。どちらでもかなり楽しみながらプレイできる安定的なクオリティです。

 

 

 

 

エンディングに向けて

 

(以下は、エンディング付近のスクリーンショットです。ネタバレを気にする方はクリア後に再度ご覧ください。)

 

 

 

ネコシャインが48個ほどの状態で凶暴化したクッパが登場。

ネコシャイン獲得・灯台解放を行っても、ここまで来たらクッパは退散しません。

かなり急いで残り2個のネコシャインを集めて、ギガベルで巨大化するネコマリオ。あとは一騎打ちで巨大クッパとの白熱バトル。

 

とうとう凶暴化したクッパにトドメを刺す瞬間となりました。

手伝ってくれたコクッパですが、やはりお父さんが心配なのか、悲しそうな表情です。

 

倒れ込んだ凶暴化クッパに、ヒップドロップを行うネコマリオ。

 

何やら暗黒物質的な何かが口から飛び出していきます。

 

それでも完全に治らなかったクッパ。目を覚まさせるため、ギガベルアタックを行います。

 

華麗に中心部へクリティカルヒット!!

 

そしてこの表情。やりきった感に満ち溢れています。

 

こうしてサクッとフューリーワールドを全クリアしました。

 

この記事も人気ですよ