【レビュー】PS4激レアアクセサリー「背面ボタンアタッチメント」を使ってみた感想・評価を書いてみた

とうとう届きました!

PS4の激レアアクセサリー「背面ボタンアタッチメント」を2月のAmazon再販予約でなんとか確保して、4月下旬にようやく配達してもらいました。

元々、SEKIROの操作で難儀していたボタン配置を改善したいと思って初販の店頭売りで購入を検討していたのですが、まさかの予約瞬殺・店頭販売ほぼ皆無という事態にとても困っていました。

 

今回、無事手元に届いたので、実際に装着してみた様子を紹介します。

パッケージの箱はスマホほどの大きさで、奥行きがやや広めです。PlayStation4純正品アクセサリーのため、パッケージの雰囲気はブルーを基調とした綺麗なデザインに仕上がっています。

 

中身は背面ボタンアタッチメント本体と取扱説明書の2点のみでした。

PSマークの部分(PS4デュアルショックとの接着部分)はゴム製で、その他の部分はプラスチック製です。

 

メインの背面ボタン部分。

中指で操作できるボタンが2つ追加される設計となっていて、任意のキーを設定することができます。

 

PS4デュアルショックと背面ボタンアタッチメントのサイズ比較。

コントローラー下部に差し込む形状のため、サイズ感は当然ながらやや小ぶりです。

 

ただですね、、、

とても差し込み辛かったです。。。

差し込みの端子部分が稼働するようになっているのですが、サイズ感がかなりピッタリ目になっているため、無理な力を込めるとポッキリと折れてしまいそうだったので、かなり慎重に装着しました。

 

装着面の裏側。

真ん中の指マークがある部分は剥がせるシールとなっています。

 

これでようやく隻狼(SEKIRO)3周目をプレイして操作感を試すことができます。

僕の場合、ダークソウルと同じボタン配置にしたかったことから、話す・開く・掴む・拾うといったアクションボタンを上十字キーにせざるを得なかったのですが、背面ボタンアタッチメント左側に設定したおかげでダッシュ移動中にもアイテムを拾ったり、二段ジャンプ時にストレスなく壁際を掴むことができるようになりました。

 

背面ボタンアタッチメント右側は忍具使用(R2ボタン)に設定しました。

攻撃ボタンがR1なのですが、攻撃と忍具を人差し指で切り替えながら操作するより、人差し指で攻撃(R1ボタン)、中指で忍具(R2ボタン)と使い分けて操作する方が快適にプレイできて大満足です。

使用するボタンが多く、複雑な操作が必要なアクションゲームをプレイするゲーマーにはとても重宝するアクセサリーです。

あとは、会話中心(○ボタンなど)のゲームをプレイする場合には、片手で操作ができるように背面ボタンアタッチメント左側に○ボタンを設定することも可能な印象。

それと、PS4デュアルショックあるあるとして「OPTIONボタン」や「SHAREボタン」が押しづらい問題により、ストレスが溜まりやすい仕様を改善するのにも役立ちます。

 

また再販される可能性もありますし、予約キャンセルなどで一時的に販売が再開される可能性もありますので、背面ボタンアタッチメントの在庫ありをこまめに確認してゲットしてみてください!

 

ちなみに今回のレビューで紹介したゲーム「隻狼(SEKIRO)」は今後のゲーム史に残るほどクオリティの高いゲームデザインとなっていますので、未プレイの方はぜひ挑戦してほしいと思います。ただ、購入するにあたり、難易度も相当高いので、事前にレビューをしっかりと読んでからが良いと思います。

 

あと、個人的にとても気に入っているのが、モバイルモニターというテレビ代わりのゲーミングディスプレイです。PS4やニンテンドースイッチの画面を出力することが可能なので、ステイホーム週間で家族にテレビを独占されてしまっている場合などに重宝するアイテムです。

サイズやタッチパネルの有無で値段が変わってきますので、予算と相談しておきましょうね!

この記事も人気ですよ