【レビュー】ペルソナ5東京ミステリーパレス脱出ゲームに挑戦してきた結果!!(ネタバレなし)

先日人生で初めて「脱出ゲーム」というイベントに参加してきました。

脱出ゲームというものが流行っていることはなんとなく耳に届いていたのですが、企画内容にそれほど興味持てなかったので参加を見送っていました。

 

ただですね、、、

「ペルソナ5」とのコラボ企画となると話は別です!!

 

今回は4人1チームの脱出ゲームということで、仲の良い友達と一緒に事前予約チケットを購入し、新宿ミステリーサーカスへGO!

(最寄駅は西武新宿駅でしたが、新宿駅からでもアクセスは良かったです)

 

物語は脱出ゲーム専用のオリジナルストーリーとして準備されていました。

脱出ゲームプレイ中の動画撮影・写真撮影・録音は全て禁止であるのと、ネタバレも禁止ですので、概要とゲームの進め方、感想・レビューを中心に記事にしたいと思います。

 

【ペルソナ5東京ミステリーパレス脱出ゲーム概要】

いつも通り、心の怪盗団は「怪盗お願いチャンネル」をチェックして改心させる必要のある悪人の情報をチェックしていると、同じ高校所属の女の子と出会います。

彼女はとあるプロダクションに所属しているのですが、個人的に受けたオーディションで勝ち取った仕事に対し、所属プロダクションから執拗な嫌がらせ行為を受けて疲弊してしまっているとの相談を受けます。

この相談を受け、心の怪盗団は「なんとかしてあげるから、少し待っててね」といって、彼女の所属プロダクションと対峙することとなりました。

 

【登場するメインキャラクター】

リアル脱出ゲームは4人1チームのため、以下のキャラクターがプレイヤーに割り当てられてゲームを進めていくこととなります。

 

●雨宮蓮(ペルソナ:アルセーヌ)

●坂本竜司(ペルソナ:キャプテン・キッド)

●高巻杏(ペルソナ:カルメン)

●喜多川祐介(ペルソナ:ゴエモン)

※モルガナのキャラ役は無く、セーフルームでスタッフさんがモルガナ役を担当してくれていました。

 

ペルソナごとに使用可能なスキルと効果が異なるため、ゲーム中には最も効果的なペルソナを選択して実際に発動する必要があります。

 

【ゲームの進め方】

デバイスと謎解き用の様々な道具を渡され、それらを活用しながら謎を解いていきます。

この過程がとても面白く、仲間同士で「あーでもない」「こーでもない」と言いながら謎解きを進めていくのがとても心躍ります。

 

謎が解けると次のステージに進むため、各エリアで謎解きカードを提示し、行き先で必要に応じてペルソナを発動します。

ペルソナ発動時には指定の発動ポーズでカッコよくキメないといけません。

各キャラクターになり切る必要がありますので、恥ずかしさなど捨ててしまいます。

 

数多くの謎を解いていき、最終的にパレス内部にある「オタカラ」へと到達。

最終戦に向け、ラスボスと対決をすることとなります。

 

ちなみに、脱出ゲーム終了後にパネル前でスタッフさんがチームメンバーを撮影してくれたのがとても嬉しいサービスでした。

 

【感想・評価】

初プレイでしたが、かなり楽しめました。

ペルソナ5をプレイしたことがなくても、ストーリーテラーの方が丁寧にゲームの概要を伝えてくれますし、実際のゲーム画面のように映像をふんだんに使ってくれますので、しっかりと物語の中へと入り込むことができました。

 

もちろん、ペルソナ5プレイ済みの場合はより深くストーリーに引き込まれること請け合いです!!

実際に参加してみてわかったのは、性格的に誰とでも分け隔てなくコミュニケーションを取れるタイプはソロ参戦でも楽しめるのでしょうが、僕のように仲間内との方が気楽にゲームプレイできるタイプは仲間を集めて参戦する方が圧倒的に楽しめます。

 

そして何より、脱出ゲーム参加後にペルソナ5ザ・ロイヤルをプレイしたくなったので、家に帰って早速限定版BOXからゲームソフトを取り出し、気付いたらプレイ開始していたのは内緒の話です。

 

この記事も人気ですよ