【第4回】次世代を担う若い世代から「働き方」を変えていけば良いー体質のターンオーバーを待つー

VoiceTubeで見つけたこの動画を見ていたら、僕が長年感じていた「働き方」に関する問題について意見が述べられていました。

 

“Working to live or Living to work”

A study said that last year, more than half of us actually chose not to take our full vacations from our jobs.

Times we could be on the beach buried in sand or traveling the earth.

We spend it in the office, traveling from desk to desk,buried in paperwork.

See, we all need time to get away from the race, for our family, friends, for the sake of our mental state.

Time to rewind, recharge, and reconnect.

Because life, ladies and gentlemen, is all about moments.

No do over, rewind, no DVD root menu to skip to a previous scene.

Ask yourself, how many trips did you almost take.

Life has taught me that all we will ever have is “now”.

Spend time with family instead of coworkers, meditation instead of aggravation.

The most precious thing we have in life are moments.

Let’s make the most of them before they disappear.

Let’s see the world while we still can and cherish those while they are still here.

What we will look back on are the memories we made, the hours we spent with those we loved, and were we Father of Month, Mother of the year, Friend of a lifetime.

Holidays should be a time where we go away and come together.

From now on, let’s take our whole vacation and fully present – creating memories that last forever.

(中略有り)

 

僕らは働いているうちに、「毎日働くことが正しい」という誤った固定観念を植え付けられてしまっていたようです。

 

有給休暇という制度があるにも関わらず、世界を旅し、景色を楽しみ、家族や友人と過ごす時間を自ら放棄してしまっているのですから。

 

「他の人が休まないから休みづらい?」

「上司が許可してくれない?」

「有給休暇は病気や特殊な事情の時だけ使うもの?」

 

こういった考え方をし続けている以上、何も変わりません。

 

他の人が休まないなら、自分が先に休んで環境を変えたら良い。

有給休暇の申請は基本的に断れません。堂々と申請しましょう。

旅行や大事な人と過ごす時間は十分有給休暇を使うに値します。

 

そろそろ僕ら次世代を担う層が、労働への取り組み姿勢見直して積極的に有給休暇を使える環境に変えていくべきなのです。

体から古くなった角質が剥がれおちるように、旧時代の体育会風な体質も段々と変わっていくものです。

 

「有給休暇は使わないようにと習ったから、次の世代にも同じように教えないと」ではなく、

「もう時代の価値観は変わったんだ。自分たちの時間を有意義に使って、人生を悔いなく生き抜いていこう」と考えましょう。

この記事も人気ですよ