【レビュー】(GENKI)ニンテンドースイッチのドッグが旅行先で邪魔になるので別の方法で解決した話

行先でニンテンドースイッチを複数人プレイするために、カバンの中で嵩張るドックを泣く泣く詰める心苦しさ。

 

「でかいし、嵩張るし、重いな」

「使わなかったらどうしよう」

「ドックのスペース分別の物を入れることができたな」

 

 

そんなことを脳裏に浮かべながら、大事にしたいのはみんなでプレイする時の笑顔。

 

そのためなら、ドッグが多少邪魔でも大きくても嵩張っても僕はなんとしてでも持ち歩く!!!

 

、、、なんて効率の悪いことをしないで済むように、クラウドファンディングでGENKIのニンテンドースイッチコンバートドックを入手しました。

コンバートドックのサイズはニンテンドースイッチ 純正ドックの10分の1ほど。

 

持ち運ぶ際には付属の小さなケースがあって便利ですが、結局HDMIケーブルとUSB TYPE  Cケーブルを持参しないといけないので、そこまで踏まえたケース設計だったら何も文句を言うポイントが見当たらないと思いました。

 

ポートは以下の3種類。

 

USB  TYPE C

USB  TYPE A

HDMI

 

今回はニンテンドースイッチ をホテルのテレビにつなげるため、USB  TYPE CとHDMIケーブルの2本を持参しました。

 

実際に接続した状態がこちら。

これでニンテンドースイッチ純正ドックと同様の機能を果たすとは驚きです。

ちなみに、ニンテンドースイッチ本体への充電も同時に行われるので、ゲーム画面をテレビ出力している最中にバッテリー切れとなることはありませんでした。この辺りは純正ドックと同じ仕様で一安心。後、モバイルモニタとも同じですね。

 

ニンテンドースイッチ本体の下部にUSB  TYPE  C、テレビ側にHDMIケーブルを差し込むことで準備完了。

 

そして、スイッチオン!!

 

 

現在空き時間にプレイ中のゲーム、デモンエクスマキナのプレイ映像がホテルのテレビに出力できることを確認しました。出先でも最小限の構成で大画面ゲームプレイができる便利アイテムを手に入れたことで、ニンテンドースイッチライフがより強固になった気がします。

 

Amazonでの取り扱いがないので、今回紹介したアクセサリの購入方法が限られるのですが、似たような製品はいくつか出ているようなので、検討している方は参考にしても良いかもしれません。

 

ちなみに、MacBookやiPadをテレビ画面に出力することも可能ですので、案外本来の用途以外にも使い道が多いのが嬉しい点。

 

実質、アーマードコアと名高いデモンエクスマキナもすごく楽しいです。コードギアスコラボのおかげで、DLC無料ながら、機体をランスロットにしてフィールド内を縦横無尽に駆け巡ることができる現段階唯一のゲームです。

僕個人としては、ロボット好きな男の子ならプレイしないと損するゲームだと思っています。

この記事も人気ですよ