【第1回】大学の職員って必ずしも楽なわけじゃないんだよ

大学職員という言葉を聞くと、何となく「楽そうな仕事で良いな!」なんて思うかもしれません。

 

しかし思った以上に重労働です。

 

担当する部署によりますが、大学の施設・設備周りを担当する場合は、蛍光灯の交換やドアの修理、蜂の巣の駆除に至るまで何でもやります。

 

もちろんこれだけが仕事ではなく、通常の事務仕事(大量)に処理しながらの呼び出しに即座に対応しないといけないのです。

この記事も人気ですよ