小さい頃の「将来の夢」を覚えていますか?

来の夢は何ですか?」

 

小さい頃になりたかった職業

小さい頃は将来なりたい職業が山のようにあった気がします。

イラストレーターになりたい。

保育士になりたい。

美容師になりたい。

ダンサーになりたい。

通訳になりたい。

カメラマンになりたい。

会社の社長になりたい。

 

数え切れないほどの「なりたい職業」があって、そのとっかかりを趣味にすることもありますよね。

 

趣味を本気で楽しんでみる

【好きこそ物の上手なれ】と言われるように、好きなことは楽しんで続けることができ、続けることで成長することができます。

 

僕の場合、小さい頃からイラストを描くことやゲームをすること、そしてダンスと英会話、写真撮影などが大好きでした。

 

会社員になることが嫌で、イラストレーターやダンサー、カメラマンなどに憧れたこともありますが、気づけば普通のサラリーマンに、、、

 

やりたいことを実現した3つのデバイス

とはいえ、小さい頃から続けていた趣味は今も生きていて、ブログという媒体を通してイラスト・写真を中心に公開することができています。

 

そのきっかけになったのは、Macbook Pro・iPad Pro・デジタル一眼レフカメラ。

 

ブログ執筆・画像編集の味方

ブログの執筆や画像編集・動画編集はほとんどMacbook Proだけで済んでます。

起動が早く、持ち運びも軽くて便利。

何より、見た目もスタイリッシュでカッコよかったというのが一番の理由です。

 

移動中の強力なサポート役

そして、イラスト製作や資料閲覧で強力なサポート役になってくれていのがiPad ProとApple Pencil。

電車移動の際にブログ記事用のイラストを描くことができ、参考にしたい資料を閲覧することもできるこのiPad Proのおかげで製作の幅が広がったと言っても過言ではないと思っています。

 

旅の思い出を彩り豊かにしてくれる

最後に、元々写真撮影が好きだった僕の趣味の幅を広げてくれたデジタル一眼レフカメラ。

本体はCanon EOS 8000Dを使用、レンズは主に単焦点レンズやF4Lの標準ズームレンズ等を状況に合わせて使い分けています。

旅行先での写真撮影や、友人と遊びに行く時には重宝しています。

綺麗な写真を撮ると、見返した時により鮮明に記憶を呼び起こしてくれますし、ブログに写真を掲載する時にも高い描写力のおかげで、より強い印象を与えてくれます。

 

仕事にしなくても小さい頃の「将来の夢」は実現できる

職業としてのイラストレーター・カメラマンにはなれないかもしれませんが、それでも必要なものとやる気さえあれば、小さいながらにも思い描いていた「将来の夢」を実現できています。

 

やりたいことがあっても、「稼ぐことができないから」とか「成功しないから」といった理由で諦めず、自分の考えや思いを自由に表現できる媒体を通しても活動は可能です。

 

全力で楽しんで生きるために、やりたいこと・やってみたかったことは我慢せずに挑戦してみましょう。

 

この記事も人気ですよ